WordPress

【コピペが不要に!】AddQuicktagでリンクやコードを一瞬で挿入する

更新日:

Twitterフォローボタンや、CSSを使った蛍光ペン表示をボタン1つで楽に設置できたら便利ですよね。

AddQuicktagというプラグインを使うと、1クリックでそれらの設置が出来るようになります。

本記事では、この便利なプラグインの使い方と設定方法を紹介していきます。

AddQuicktagで楽になる

プラグインを入れるとツールバーに「Quicktags」が表示され、この中に自分で作ったショートカットを並べる事ができるようになります。

アドセンスコードや記事冒頭の挨拶など、いつも使用するパターン化したものを登録すると、これからはボタン1つで表示できるようになります。

「これは楽で執筆時間の短縮に繋がる!」
という事で、かなり多くのブロガーがAddQuicktagを愛用しています。

僕の場合は、Twitterのフォローボタン・蛍光ペン表示のショートカットを登録して、編集の最後にパパッと表示させています。

参考
【ブログがキレイ!!】コピペで「蛍光ペン」を引いたように表示させる

続きを見る

3分で完了する設定手順

導入はとても簡単です。

新規追加から「AddQuicktag」を検索→インストール後に有効化→設定画面を開きます。

  1. ボタン名はそのままボタンの名前として表示されます。
  2. ラベル名はマウスオーバーした時に説明文が表示されます。
  3. 開始タグ、終了タグは表示形態とクラスを打ち込みます。
    書き込み例は蛍光ペン表示の記事にあります。
  4. 順番は表示させたい番号を打ち込みます。
    アクセスキーはなぜか機能がしないので未入力で構いません。
  5. チェックで絶対必要なのはビジュアルエッディター、page、postの3つです。
    どこの編集画面にボタンを表示させるかの選択なので、特に迷う必要もありません。
    1番右の□にチェックを入れると、1クリックで全て枠にチェックが入れられて楽です。
  6. 最後に変更を保存して終了です。

いくつもショートカットを作りたい場合は、空いてる枠全てを埋めて保存すれば、これまでのショートカット枠の下に新たな枠が表示されて作れるようになります。

設定が保存できない時の対処

保存できずにエラーが発生する場合は、契約サーバーの設定を変更すれば解決します

邪魔をしているのは「WAF設定」というセキュリティ機能です。

データの改ざんを防ぐ機能なのですが、プラグイン設定やCSS追加を保存するため、一時的にOFFにしておきましょう。

変更方法【ロリポップの場合】

ログイン→セキュリティ→WAF機能→ドメインを選択(wwwあり・なし両方選択)→設定状態が有効→無効にするをクリック

5〜20分ほどで設定が反映されます。

他のサーバーでも「WAF設定」という項目を探して、設定でOFFにすれば同じように反映されます。

ユキタケ
保存が出来たらセキュリティ設定を元に戻しておきましょう!

まとめ

記事のテンプレート化した文章や、アドセンスコードなどをAddQuicktagに登録しておくと執筆時間が短縮されてとても楽になります。

タグに登録するコードに文字制限はないので、どんなコードでも貼り付ける事ができます。

コピペが不要になり、便利なので是非使ってみてください。

Twitterで最新情報をGET!

-WordPress

Copyright© BLOG-SEED , 2021 All Rights Reserved.